最近のマンチェスターユナイテッドについて

開幕三戦勝ち星なしの状況で色々な意見が出ているので私の考えもここで書いておこうと思います。

まずは公式戦開幕3連敗に対してパニックに陥る必要はどこにもないということ。

細かいことはまた書くとして、勝てない理由は結論からいうとチーム補強戦略が暴走しているため。

ファンハールモイーズが壊したチームを引き継いだのではなく、ファーガソンの強烈な求心力と貪欲さとファンペルシの爆発で取り繕わなければ勝てないファーガソンとギルによって壊されていたチームで優勝してしまったクラブを今も引き継いでいるという事実。

4-4-2, 4-2-3-1でやり続けてたチームに3-5-2を浸透させるのにプレシーズンと開幕三戦で足りるはずがない。

戦術云々よりも3度の移籍市場で誰が見ても明らかなのに未だにアンカーとセンターバックを補強しない・できないエドワードの責任はあまりにも大きい。

WBに適正がある、ありそうなのがバレンシアしかいないのに3-5-2をやっているファンハールと3-5-2でやらなければ中盤に人が溢れてしまっているチーム状況、にもかかわらず、マタ、エレーラ、ディ・マリアとジョークのような散財の連発。

ウィングとサイドバックからのサイド攻撃を得意とするプレミアでそれでも3-5-2と合わないフォーメーションでやらなきゃいけない補強の停滞。

ファンハールを招聘したいじょうチームの建て直しと若手の台頭を期待しているんにもかかわらず金があるからといってNY市場へのアピールか、ファンの目を背くための名ばかりとる補強戦略。結果若手は伸びない。

そもそもの守備ブロックの再形成なしには勝てないのにこのままいけばおそらく去年のような結果になるのに放出すらうまくいかない事実。となるとまた名誉挽回と必要以上に補強ポイント無視した浪費で財源が悪化、の悪循環が見え隠れ。

百歩譲ってファーディナンドヴィディッチは仕方ないとして、あんなに安価で売るなら来シーズンオフに移籍金無しで出て行ったにしろエブラとショーの2段構えをすべきだった。金はあるとエドワードはぶちまけちゃったわけだし・・・

エブラなら3-5-2、4-4-2両方対応できたし、仮にサブでモチベーションが下がったにしても十分すぎるほどのバックアップメンバーだったはず。

プレシーズンマッチにしても勝ちはしたもののそもそもちゃんと崩して得点したかというとそうでもなかったわけで、うまくいかないだろうことは冷静に見ていたファンならここまでとは思わないまでもスタートダッシュに失敗しそうな予感はしていたはず。

に加えて怪我人多発。なので放出したくても放出できない状況が出てきた挙句ディマリアにあのジダン以上の移籍金。

とはいえ、若手に期待するしかないん状況に置かれればそうそう簡単に今のプレミアで勝てるわけがないし、ファーガソンも最後の方は若手の台頭がなかったしウェルバック以外にそんなにチャンスを与えてないので多少なりとも経験を積んでいる若手が足りなさすぎる。

そういうわけで、今の責任をファンハールはもちろんモイーズに押し付けるのは筋違い。

とはいえ、選手の質が悪夢のように低いわけではないのでファンハールの哲学(ってなんなのかはっきりファンに説明してもらいたいものだけど)が浸透するのを待ちつつ、補強ポイントと移籍金の大盤振る舞いのTPOをしっかり見極めるのを期待して冬位から復活の兆しが見えるのを期待する、というのが現実案じゃないでしょうか?

それでも3部リーグのチームに負けるにしてもあの内容ではいくら1.5軍のようなチームとはいえ選手の意識にも疑いを持ちたくはなりますが。

モイーズと同じようにファンハールに対しても時間が十分与えられない、というような悪手は決して打ってほしくない、というのが今の願いです。

買ってしまったのは仕方ないんで、ディマリアと11番を引き継がせたんだからヤヌザイを覚醒させるためにも、エレーナがプレミアのCMFになれるため、実績が追いつくまで時間がかかってもいいから4-3-3か4-2-3-1で考えてもらいたい次第です。

今シーズンは降格しなきゃいいんですよ!