娘のお気に入りの読み聞かせリスト

子育て 読み聞かせ Advent Calendar 2013の12/22を担当します。

読み聞かせ習慣

生後3ヶ月位から読み聞かせを始めて2歳6ヶ月になった最近の娘はお昼寝前と夜の寝る前に自分から何冊か絵本を持ってきて30分から1時間の読み聞かせをしています。

内容

今回は最近のお気に入りの絵本の紹介と、もう卒業ぎみだけど娘が気に入っていた絵本を紹介します。

最近のお気に入り

[amazonjs asin="489325717X" locale="JP" title="みんなでたのしいクリスマス"]

これは本当におすすめです。

大人が見ても心あったまるイラストとちょっとした装飾が子供の関心をひくので大人も子供も楽しめます。

私は冒頭の歌をオリジナルで歌っていたら娘も覚えてしまいました。

[amazonjs asin="4091123015" locale="JP" title="きかんしゃトーマスあたらしいきかんしゃとだいぼうけん 銀―きかんしゃトーマスとなかまたち (小学館のカラーワイド)"]

トーマス好きの娘が私の父にねだって買ってもらったものです。

付属の付録でも楽しめます。

[amazonjs asin="4091123511" locale="JP" title="きかんしゃトーマスとがんばるなかまたちのおはなし―きかんしゃトーマスとなかまたち (小学館のカラーワイド)"]

電車好きの娘が最初に私の父にかってもらったトーマス本です。

付属の紙芝居セットを一体何度読んだことか。

[amazonjs asin="4323013639" locale="JP" title="せんろはつづく"]

電車好きの娘が本屋で自分から持ってきました。

次に紹介する続編よりもこっちのほうがオリジナルストーリーを作ったりイラストの細部でいろんなことを話しかけるのに良かったです。

[amazonjs asin="4323013779" locale="JP" title="せんろはつづくまだつづく (いっしょにあそぼうよ!シリーズ)"]

上の本ほどは執着してないみたいだけど、イラストの気になるところを見つけて色々と質問をしてきます。

[amazonjs asin="0394817133" locale="JP" title="Swimmy"]

最近少しづつ英語から遠ざかりつつある娘もこの本はじっと、必ず2回聞きたがります。

[amazonjs asin="4902022737" locale="JP" title="森の戦士ボノロン ママの宝ものの巻 (ポラメルブックス)"]

これはセブンイレブンで無料配布してくれているボノロンの絵本

2歳の子には長すぎるかなぁ、と思っているんですが、すごく気に入っているようです。

[amazonjs asin="0375810919" locale="JP" title="A Color of His Own"]

1歳位の時にはまだ早かったけど最近になってよく持ってくるようになりました。

ここにあげている、本(トーマスは少し毛色がちがいますが)は大人が見てもずっと残しておいてあげたいと思う温かいイラストが多いのが特徴です。

子供もやっぱり温かい絵を見て落ち着いているのかもしれません。

卒業した絵本たち

卒業してしまったけど特にお気に入りだった絵本を紹介します。

ここのあたりは英語が多いです。

が、英語が読めまなくても楽しめるものが多いです。

[amazonjs asin="1857143949" locale="JP" title="Peek-a-moo!: A Lift-the-flap Book"]

初めて買った絵本です。

3ヶ月位で読み始めました。とても気に入っていたようなので、同僚のお子様の出産祝いにもプレゼントしました。

今では破れてしまってほとんど読めません。。。

[amazonjs asin="141694737X" locale="JP" title="Dear Zoo: A Lift-the-Flap Book"]

色々な擬音語や動物の特徴を一生懸命伝えていた覚えがあります。

[amazonjs asin="0399226907" locale="JP" title="The Very Hungry Caterpillar board book"]

定番ですね。

これのおかげで今でも数字は英語が先に出てきます。

[amazonjs asin="0142501263" locale="JP" title="Where's Spot (color)"]

娘を楽しませるためにいろいろな想像力を働かせていました。

楽しかったです!

[amazonjs asin="0375825282" locale="JP" title="Let's Play"]

このシリーズは絵が可愛いです。

[amazonjs asin="0545072700" locale="JP" title="How Do I Love You?"]

読んでいて心が暖かくなります。

子供のことをより好きになると思います。

意図的に復活させたいと思っている本です。

[amazonjs asin="0439673631" locale="JP" title="I Love You Through And Through"]

すごくお勧めです!!!

このくまさんのカッコを真似する子の可愛さ見たさに何度も何度も読んでいました。

[amazonjs asin="0694013013" locale="JP" title="From Head to Toe Board Book"]

これも子供がいろんなポーズを真似て楽しんでいました。

[amazonjs asin="0805047905" locale="JP" title="Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?"]

同じくポーズを楽しむシリーズです。

絵本を買う頻度

英語を1冊、日本語の絵本を1冊ずつ毎月私の小遣いから買っています。

プラス両方の実家から買ってもらっている絵本がプラスアルファで追加されます。

会社の先輩が書いた「本で出来た家」というエッセイを読ませていただいたことがあります。

娘にはたくさんの絵本・本に出会わせてあげたいのでこれからもたくさんの機会を作ってあげたいとおもっています。

絵本の選び方

最後に絵本の選び方ですが、娘が絵本を気に入る要素が2つあります。

  1. 自分で選ぶ
  2. 親自身もその絵本が好き

なので、本屋に行っても好きな本を選んでくるように言っています。

時々、「難しすぎないかな?」「簡単すぎないかな?」と思う時もありますが、自分が選んだ絵本にはなにか好きな要素があるはずで、どんなに私がいいと思っても自分が選んだ本のほうが楽しめるようです。

また、親自身がその絵本を楽しめないと当然子供も楽しめないみたいなので、そういう本はだんだん本棚の隅っこの方に行ってしまします。

という、娘が絵本を気に入る要素があるようです。

今年のAdvent Calendarもあと僅かですが、このAdvent Calendarにはとても魅力的な本がたくさん紹介されています。

ぜひ絵本の読み聞かせを楽しんでいるお父さん・お母さん、絵本好きの方は読破してみてください。