jsかcoffeeか

Gruntfile.jsはJavascriptで記述するけどCoffeeScriptでも書けて、Gruntが読み取ってくれるらしいですが、 .jsファイルも.coffeeファイルもどちらもあるとどうなるのか と疑問が浮かんだので、出力先ファイルを別々に書いてみました。

 

  • Grunt.js

[code lang="javascript"]

<pre>module.exports = function (grunt) {

grunt.initConfig({

uglify: {

dist: {

files: {

'dest/output.min.js': [

'src/sample01.js',

'src/sample02.js'

]

}

}

}

});

grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-uglify');

grunt.registerTask('default', ['uglify']);

};</pre>

[/code]

 

  • Grunt.coffee

[code lang="ruby"]

<pre>module.exports = (grunt) ->

grunt.initConfig

uglify:

dist:

files:

"dest/output.min_coffee.js": [

"src/sample01.js",

"src/sample02.js"

]

grunt.loadNpmTasks "grunt-contrib-uglify"

grunt.registerTask "default", ["uglify"]</pre>

[/code]

 

これでgruntコマンドを実行してみたところ、 output.min.js は作られず output.min_coffee.js が作られました。

このことからGruntはGruntfile.jsよりも Gruntfile.coffeee を優先して実行しているようです。

Remove all ads