debianにexim4を導入してメール配信

Debianサーバから定期的に死活監視とログレポートのメールを送るためにexim4を導入したので、その手順メモを書いておきます。

Debianには最初からexim4パッケージは入っていたので、メール送信をできるように設定していきます。

[code]

sudo dpkg-reconfigure exim4-config

[/code]

上のコマンドを実行すると、簡単なセットアップ画面が表示されるので、下記を参考に設定を行います。

  • General type of mail configuration => mail sent by smart host; received via SMTP or fetchmail
  • System mail name => localhost
  • IP-addresses to listen on for incoming SMTP connections => 127.0.0.1 ; ::1
  • Other destinations for which mail is accepted => BLANK
  • Machines to relay mail for => BLANK
  • IP address or host name of the outgoing smart host => smtp.gmail.com::587
  • Hide local mail name in outgoing mail => No
  • Keep number of DNS-queries minimal (Dial-on-Demand)? => No
  • Delivery method for local mail => mbox format in /var/mail
  • Split configuration into small files? => No

ここまで終わったら、/etc/exim4/passwd.clientに以下を参考にメール送信用アカウントを追記します。

[code]

# Gmail Account

gmail-smtp.1.google.com:gmailのアカウント@gmail.com:パスワード

*.google.com:gmailのアカウント@gmail.com:パスワード

smtp.gmail.com:gmailのアカウント@gmail.com:パスワード

[/code]

passwd.clientファイルの編集後、下記コマンドで設定を反映します。

[code]

sudo update-exim4.conf

[/code]

その後、下記コマンドで送信テストを行います。

[code]

mail -s "送信メールの表題" 送信先メールアドレス

送信メールの本文

.

Cc:

[/code]

ただメールを送信するためだけであれば、exim4のサービスは普段起動しておく必要はないらしいので、下記コマンドでexim4のサービスを止めておきます。

[code]

sudo update-rc.d -f exim4 remove

[/code]

そのうち添付メールや外部ファイル(メールの本文)を読み込んでメールを送る方法を書きます。