7番と25番と26番

来シーズンのユナイテッドの7番と25番と26番が発表になりました。
http://www.manutd.com/en/News-And-Features/Football-News/2012/Jul/new-squad-numbers-for-valencia-and-new-signings.aspx


フットボールは背番号でするわけじゃないんですが、それでもユナイテッドの7番は格別であって欲しい、と思っているので、オーウェンが去って、香川が辞退して誰になるのかと思いきや、「ヴァレンシアかい!?」


ヴァレンシア、いい選手ですよ!
なぜかマーカーに当たらないクロス、右サイドバックもそつなくこなすユーティリティー性、時々はまるミドル。
伊達にロナウドを放出してすぐに右サイドのウィンガーとしてとった選手ではないです。


でも、7番ですか?
3年後5年後を考えた時ヴァレンシアが主力としてユナイテッドを支えるとは思えない。
今もナニとのターンオーバーの選手だし、いい選手だけどやっぱり華がそこまである選手ではないですよね。


ヴァレンシアがつけるんだったら、やっぱり香川がつければよかったのに、と思わなくもないわけです。


香川も26番に思い入れがあるようですが、26番の前任っちだれやったっけ?としばし思い出そうと努力した後、「オベルタンやないかい!」


でも、思ったんです。26番ならプレッシャーも高くない。
なので、フィットした後に26番に固執する必要もない。
なので、2,3年後、早ければ1シーズンで馴染んで7番を香川が継承するんじゃ?と。


ただ、この選手もぱっと見いいんですよね。新しい25番の彼、ニック・パウエル

もしかすると、ファギーは、パウエルにロブソンの面影を見て、7番の後継者として、またジョーンズと並んで将来のスキッパー候補として考えているんじゃないか、と勝手な期待をしています。


ちなみに、7番7番とうるさいと思いますが、どれだけ7番が重たい番号か、この記事を見ると少しは感じることができるかと。
http://www.goal.com/en-gb/news/2896/premier-league/2012/07/04/3219347/from-best-to-ronaldo-the-iconic-manchester-united-no7s