GAEの保険


分かっていたこととはいえ、改めて現実となると、


やっぱりそうか〜


と、GAEを使う、正確にはGAEから撤退する時のリスクの高さを実感します。



▼参考
金くれを App Engine から heroku に引っ越した。
GAE価格改訂(予定)で俺爆死(予定)、おまいらどーよ?


こういった状況を見ていると、他人事じゃなく
本格的に移行先選定を含めた移行計画と(家庭内ですが・・・)予算取りしないとな。。。
と考えてしまいます。



だったんですが、ちょっと訂正します。


Twitterからの引用ですが、たしかにスタバ3杯分でシスアドミンを雇えると考えると、冷静に考えたら高くはないはずなんですよね。
ユーザ管理もGoogleアカウントに任せきりだし。


自分のアプリの状況もちゃんと見なくてはいけないんですが、


もしもの時に備えていつでも移行できる、特にBigdataからRDBとかNoSQLに移行するためのデータの吸い上げ、コンバートプログラムは今すぐにでも用意しておかないとユーザに対して無責任かな、と思うんで、今後もGAEでのアプリ開発は楽しんでいきたいんですが、いつでも移行できるように、データコンバータとWEBアプリは少しづつ準備しておきます。

Remove all ads