日付の取得と計算

Pythonで日付の取得と表示と計算


①今日の日付を表示する。

>>> import datetime
# 今日の日付を変数dateに代入する。
>>> date = datetime.date.today()
# そのまま表示してみる。
>>> print date
2011-08-27
# 見やすいように整形して表示する。
>>> print '%s/%s/%s' % (date.year, date.month, date.day)
2011/8/27


②3日後の日付を表示する。
Pythonでは日付の差を求める時に、timedeltaオブジェクトを使います。

>>> import datetime
>>> date = datetime.date.today()
# 今日の日付の3日後を求め、変数(date2)に代入する。
>>> date2 = date + datetime.timedelta(days=3)
>>> print '%s/%s/%s' % (date2.year, date2.month, date2.day)
2011/8/30
# ほんのちょっとだけ簡単に
>>> date3 = date + datetime.timedelta(3)
>>> print '%s/%s/%s' % (date3.year, date3.month, date3.day)
2011/8/30


Pythonはちょっと冗長で、Rubyは直観的だなぁ」と思うこともあるんですが、Pythonが好きなので気にしないようにしています。


irb(main):001:0> "date"
=> true
irb(main):002:0> today_now = Date.today
=> #<Date: 4911601/2,0,2299161>
irb(main):003:0> today_plus_3 = today_now + 3
=> #<Date: 4911607/2,0,2299161>
irb(main):004:0> puts today_plus_3
2011-08-30
=> nil