配列のlengthプロパティの確認

深く考えると当たり前のこと、簡単なことを自分で複雑にしてしまい分かっていることすら分からなくなることがよくあります。


配列の最後の要素は[length -1]である。


ほとんどのプログラミング言語で説明されているこの配列の要素の指定について、Javascriptで改めて確認します。


var dayOfTheWeek = new Array(7);
dayOfTheWeek[0] = "Sunday";
dayOfTheWeek[1] = "Monday";
dayOfTheWeek[2] = "Tuesday";
dayOfTheWeek[3] = "WednesDay";
dayOfTheWeek[4] = "Thursday";
dayOfTheWeek[5] = "Friday";
dayOfTheWeek[6] = "Saturday";
document.write("dayOfTheWeek.lengthの値は", dayOfTheWeek.length, "<br>");
for (var i = 0; i <= dayOfTheWeek.length; i++) {
  document.write(i, " : ", dayOfTheWeek[i], "<br>");
}


これを実行すると、(当然)下のように表示されます。

dayOfTheWeek.lengthの値は7
0 : Sunday
1 : Monday
2 : Tuesday
3 : WednesDay
4 : Thursday
5 : Friday
6 : Saturday
7 : undefined


配列の要素は0〜6の7個なので、i=7の時は実行すべきではないので、forループの10行目の条件を下のように書き換えないといけません。

i < dayOfTheWeek.length